共著が刊行されました(池 炫周 直美/エドワード・ボイル編『日本の境界:国家と人びとの相克』北海道大学出版会)

大茂矢由佳・明石純一(2022)「『難民』という名の言説:脱北、シリア、ジェンダー」池 炫周 直美/エドワード・ボイル編『日本の境界:国家と人びとの相克』北海道大学出版会